酵素ドリンクとは

私たちの体の中には、約3000種類以上の酵素があるそうです。
そのひとつひとつの酵素は、すべて違う働きをするので、沢山の種類の酵素が沢山の数必要なのです。

酵素には3000種類の中でも大きくわけて2つの働きがあり、体内に入ってきた食物を消化する「消化酵素」と体温を上げてエネルギーを消費する「代謝酵素」があります。
他にも筋肉を動かしたり、関節を動かしたり、脳みそを働かせたり、その活動は多岐にわたりとても上げきれないほど働き屋さんなのです。

どれかひとつの要素が足りなくても「酵素不足」で不調を感じるはずです。

酵素は生野菜や生のフルーツ、生の肉や魚に多く含まれていて、各食品ごとに含まれている酵素の種類は違います。
ですので食事から酵素を摂取しようと思うと毎日何種類もの生野菜・生果物・生肉・生魚を摂取しなくてはならないのです。

市販されている野菜ジュースは熱殺菌を行っていますので、酵素は死んでしまっています。
また、自家製のグリーンジュースなどが流行っていましたが、ジューサーやミキサーの高速回転によって酵素が壊されてしまうので効率的に摂取出来ないことが分かっています。

つまり何十種類もの酵素がギュっとつまった「酵素ドリンク」は現代人にとって救世主のような存在なのです。

このブログ記事について

このページは、teruが2012年10月17日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「楽して痩せるって本当?」です。

次のブログ記事は「現代人は酵素不足!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja